忙しいお客様に代わりお墓参り代行致します。


by booy19872006

円高急伸

円高急伸、95円台 株式市場11800円割れ
3月17日11時53分配信 産経新聞


 週明け17日午前の東京外国為替市場は、米国で信用不安が急速に高まったことを受けてドル安が加速、一時1ドル=95円台と約127カ月ぶりの高値をつけた。こうした流れを受けて東京株式市場も3日続落。下げ幅は500円を超え、平成17年8月9日以来2年7カ月ぶりに1万1800円を割り込むなど、金融市場の動揺はさらに広がりを見せつつある。

 日経平均株価の午前の終値は前週末比514円61銭安の11726円99銭。東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同50・45ポイント安の1142・78。TOPIXの1150ポイント割れは平成17年6月14日以来2年9カ月ぶり。
   クレジットカード現金化
 先週末に米国では、ニューヨーク連邦準備銀行が、経営が行き詰まった米大手証券ベアー・スターンズを米銀大手JPモルガン・チェースを通じて緊急支援すると発表。これを受けて米株式市場は大幅に下落した。

 さらに17日朝(米国時間16日夕)には、JPモルガンが、ベアー・スターンズを救済のため買収すると発表。米連邦準備制度理事会(FRB)が、公定歩合を0・25%緊急に引き下げたこともあり、米金融機関の信用不安がさらに高まった。

 この流れを受けて円高ドル安の動きが加速。「国内企業業績の先行きと国内景気の不安感も増大した」(大手証券)ことから、東京市場では銀行、証券など金融株のほか、自動車、電機など内需外需の主力株を中心に全面安の展開となった。

 市場では、「FRBの利下げも後手に回っている」(みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミスト)との見方が強い。米政府による公的資金注入など抜本策がなければ、米株安、ドル安の流れは止まらないという声もあり、国内市場でも売り圧力が優勢な状況が続きそうだ。

 当面は18日に見込まれる米連歩公開市場委員会(FOMC)による追加利下げで市場がどう反応するかに注目が集まる。 クレジットカードショッピング枠現金化
[PR]
by booy19872006 | 2008-03-17 20:59